2012年8月アーカイブ

2012年夏蓼科のラスト来訪は第一作業班(第一食事班)。
先発組3人(K予備役班員、N親方、Y賄い班員)は8月9日木曜午後に買い出しのあと東京発という、初の3泊4日行程。たっぷり蓼科版。

○夕方明るいうちに到着し、テラスでちょっと乾杯など...と思いきや、そのままずっとこの夜はテラステーブルに座り込みだった。酒のあては神茂のはんぺん(ウニ和え)や蒲鉾(鰹節まぶし)それに白子など。冷涼と小川の音に癒されつつも1年ぶりの蓼科に興奮、なにせ木曜の夜だし。
Kさん担当?の虫除けローソクの新型も登場。 諸々、余韻の夜だった。

○さて今回の第1班のあれこれは、見出しのごとくで多彩.....。詳細は長文にわたるので省かざるを得ない。逐条的に述べてみる。
(夜はオリンンピックタイムがあって、ライブTVや明け方放送の為の早寝などあるのだが、記述を略す。)

○翌10日、朝食は、出来の良い塩鮭の切り身と宍道湖のシジミ!のみそ汁。 この食材は例の料理店ご主人(以下、某主人)が用意してくれたもので、更に言えば今回某主人が用意した食材は、主なものだけでも、鱧と松茸の鍋(その出汁)、すっぽん鍋セット、伊賀牛、白子など「食の響宴」状態。→「鱧松茸とスッポン、それ選択でなく両方にしちゃおう」と言ったのは庵主であるが、世間様に憚る感じで、山岡士郎はなんと評するか...なのだった。

○午前は「作業」の為の買い物、新定番店の諏訪Jマート。枕木コールタールをカバーするマット、芝生散水スプリンクラー、植えた白樺散水用に新たに30mホース、BBQテーブル(&テラステーブルと椅子)補修用のペンキ(浸透性ステイン仕上げ)など。

○この昼飯はなんとKさん&Nさん合作の焼きソバ。渾身の料理との自薦もの。某主人食材を差し置いて、先ずその写真。
PICT0215.JPG

PICT0216.JPG
○ご機嫌の二人。青のりや生姜の他に、天かすも用意されて、シンプル食い物の旨さあり。


○この写真の顔、ここまで満足そうなのは仕事局面ではお目にかからない快事なり。


○このお話はここまで。





○夕方早くに、同僚の車送りでK料理主任、茅野駅にT参加員、夜にN作業主任とTお嬢の通称「熟年カップル」も到着。この夜は鱧松茸鍋であった。出汁を含めこの組み合わせの旨味恐るべし。鱧卵と白子つき。あとから来た「カップル」がいかなる歓待を受けたかは、書くも愚かというか、第1の味というか.....。ともあれ某主人の素材選びと下拵えに脱帽。
PICT0217.JPG
PICT0218.JPG

PICT0219.JPG

○酒は久保田万寿!と真澄純米、焼酎は村尾! 持ってけ泥棒。

○11日は、作業班に戻って庵主やりかけ&敢て残しの諸々を。前日に塗ったBBQテーブルペンキのチェック、NさんとKさんが「テラス落ち葉たまりの隙間の美化/下地乾燥目的」という地味で手間な作業。すっきりした隙間に防腐剤塗り込み。予備役班員指示で。
一方でお嬢とT参加員がガラス磨き。→これは当初は西側の大きなドア1枚だけの要請だったものが、作業意欲拡大し、各所ガラスのほかに網戸まで進みピカピカ。
○さらに進んで、ついに薪置き場の屋根の美化。庵主がちょっとやってみた作業の本格版。親方の他にYさん&Tさんの女軍まで屋根に乗って奮闘! 作業班魂が燃え上がる一幕。
PICT0220.JPG

○昼は伊賀牛のステーキ。小分け食いで食が進む。そのあとに来訪者うち揃って唐沢鉱泉。
帰ってのひとときを、静かに、おお、「読書タイム」となった。知的な?一面を披露。
PICT0222.JPG

○夜はスッポン鍋&稲庭うどん。日韓女子バレー3位決定戦の勝利。K料理主任は、やっていたスポーツなので人格変容す。ともあれめでたし。以下諸々諸々。

○12日、それぞれが自由農園で土産を求めてのち帰路についた。

○見出しのごとく「多彩/絢爛/愉快/思い出」の時間が流れた。Y賄い班員は、ある立場での参加は今回がラストとなる。感慨ありだ。

○一人になった山荘で 『宴のあと』と言う言葉がぴったりの気分につつまれて、いまこれを書いている。


8月16日午後:補記
東京からの「酷暑ぶりかえす」という便りをよそに
いま、山荘の周りに 『宝石のような日差し』 がきらめいている。






広研&名古屋組&阿呆の会

○今回山荘到着した時、小澤建築工房に依頼しておいた板壁の塗り直し&2Fテラス補修工事が始まっていて、建物周囲に足場が組まれており
小澤さんにしては意外な早さにビックリ、かつ嬉しい思い。
PICT0207.JPG


○夏蓼科の第一陣は、W大広研の面々。7/25日前泊で、26日&27日ゴルフという恒例パターン。今年は竹本さんが復活参加となり、第一日目に優勝したのは、前評判どおり? 2日目は久しぶり好スコアの船越さんで、上機嫌だったのはめでたい限り。高野さんは"火事疲れ"でいまいち。寺尾さん、巧者としてそれなりに。吉田さんは淡々、降旗さんはその対極ではしゃぎゴルフ。小生は「5月阿呆蓼科の飛び」が消滅してがっくり.....といったところ。

夜の会話は、それぞれいかにも「一家言爺さん」の趣きで、かまびすし。このタイプが30人くらい集まった老人ホームだと、これは、大変なことになるぞ、と余計な想像をした次第。
PICT0205.JPG

さておき帰京後の何人かから『御礼。楽しかった。また来年。』というメールが届いており
この会は来年も夏企画のトップを彩る?!ことになろうか。


○第2陣は名古屋組。先ず辻さんから「味噌煮込み」(小生の一人の夜の夜食用)が届き、次は来た早々の西川さんの「万全の虫対策」で各種虫除けのオンパレードとなり、夜のメインは中尾さんの「スパゲッテイ」.....これは既視感そのものである。
加えれば西川対辻の真剣ゴルフ合戦もそうだし、2人がとての綺麗好きで庵主として好ましいという点も、多分、昨年ブロブと同じ、そのなかでの中尾さんの味も、いとおかし....。
PICT0209.JPG
☆和久伝んの「彩りオードブル」を取り寄せてみた。
PICT0208.JPG

また同じテイストで来年も。その前に、今度はこっちが名古屋へ出向く企画へ。


○第3陣は、MR阿呆の会。8月4日は井田、清水、榊、野々村&小生の5人で2組のゴルフ。最小パット争いでは井田さんと清水さんが勝ちを収めた。夜は榊さんが大車輪で各種料理。休みが無い、明日の日曜も出勤とかで、早々と寝込んでいたのは悲惨? 夕方に一ノ宮さんが合流。
PICT0210.JPG

夜の会話は、完全に阿呆風味で、楽しいというか阿呆らしいというか........。
翌5日は、一ノ宮、清水、小生でプレイ。一ノ宮さん「本年ベスト」で意気軒昂。清水さんは例の馬鹿あたり2〜3発、それだけで良いのかゴルフ。小生はまたも見るべき所、なし。これは"言語ゴルフ"の弊害なり。

○これを書いている今、6日の午前、久しぶりに昼間の雨。
新しい植栽には待望の慈雨である。そして一人山荘には、その雨音が風情だ。