第一の忘年会  +1のグラスが・・・。

コメント(2)

12月11日、両国の「かど家」(しゃも鍋)で第一作業班のちょっと早い忘年会が開催された。

大雪の新潟へ出張とかで不参加のT嬢を除いたフルメンバー。    例によってとりとめない会話の談論風発。

一つ二つ三つ記せば、N親方家のご先祖様のオハナシ(物語のパターンでは良く書かれる例が少ない・史実は知らず)や、N作業業主任の思わぬ早出勤時間のこと。更にはK予備役班員がKシェフの勤務先に旨いもの食いに出かけたいが焦点絞れず話、などなど。   そんな中のサプライズは、小生の「古希祝い」。散々考えた末の山荘用ワイングラス「+1」の刻印入り。ありがとうございました。 司会?のY賄い班員は軽妙お茶目&時々"はずして"笑いあり。T参加員はいつもの笑顔の聞き役。   さてこのグラス 使い始めは山荘で1班来訪の時に・・・。

DSC01781.JPG

 

○さて「かど家」は、例の鬼平犯科帳の「しゃも鍋・五鉄」のモデルを名乗る1軒で、味噌仕立て、すまし味ともなかなかの美味。しかし酒が・・・。味ではなく値段が・・・。 大分以前、別の店で調子に乗ってあけた4合瓶の値段に(判っていたつもりで)ビックリしたのの再現となった。その席では店の賄いさんが、「黒帽子の爺さんを落とせば作戦は完璧」とばかり小生に酒を勧めるも果たせずだったが、それは不要だった。

予想どおり?の勘定に、全員歓声?

♪♪♪ 阿呆は死ななきゃ、治らない。

写真.JPG

写真4.JPG

○なんか、みんな、笑ってる。 変わらぬ仲間の変わらぬ味に、安心して、てひたっている風情である。

 

○庵主は、帰り道が同じ方向だった数人と2次会、3次会で、帰宅午前4時過ぎ。翌日の今日は、グロッキーだったが、体が払った代償分の、ほんわかな思いが漂っている、いまも。

また、お会いしましょう。

 

 

 

 

コメント(2)

生さん
N親方です。古希おめでとうございます、また楽しい会をありがとうございました。
「二次会がなかったなー」となんとなく思っていましたら、豪快になさっていたのですね、びっくりです。
写真、生さんがお書きのようにみんないい笑顔をしていて、改めてほっこりします。こんな写真取り重ねたいですね。

Y賄い班員様
お祝いの品、素敵です、さすが。飲み始めは我々と指名いただいていますので、薪ストーブが活躍する間に行きたいですね。
(早よトンネルなおしてほしい!)

Y賄い班員 : 2012年12月14日 13:32

軽妙お茶目&時々"はずし"のY賄い班員です\(^o^)/

庵主様、
古希をお迎えになられました由、誠におめでとうございます。

今や70歳は、「稀」でなくなり、「希望」をあてて、
「古希」と表記するのが一般的と、何かに書いてありました。

第一作業班の「1」であり、庵主様ファンのイチローの「1」であり、
何より「+1」には、また次回!山荘で元気に集いましょうという
「希望」を込めております。

刻印グラスの飲み始めで、幸先の良い新年のスタートを切らせて
いただきます。企画しま~す。

最近のブログ記事

久しぶりの、3班
10月26日~28日にかけて、久しぶりの…
再びの安藤家&廣田さんと、名古屋組
さる10月5日~7日にかけて、再びの「安…
阿呆組、雨無念!
9月14日~16日にかけて、MR阿呆の会…