多彩/絢爛/愉快/思い出.....の第一作業班

コメント(5)
2012年夏蓼科のラスト来訪は第一作業班(第一食事班)。
先発組3人(K予備役班員、N親方、Y賄い班員)は8月9日木曜午後に買い出しのあと東京発という、初の3泊4日行程。たっぷり蓼科版。

○夕方明るいうちに到着し、テラスでちょっと乾杯など...と思いきや、そのままずっとこの夜はテラステーブルに座り込みだった。酒のあては神茂のはんぺん(ウニ和え)や蒲鉾(鰹節まぶし)それに白子など。冷涼と小川の音に癒されつつも1年ぶりの蓼科に興奮、なにせ木曜の夜だし。
Kさん担当?の虫除けローソクの新型も登場。 諸々、余韻の夜だった。

○さて今回の第1班のあれこれは、見出しのごとくで多彩.....。詳細は長文にわたるので省かざるを得ない。逐条的に述べてみる。
(夜はオリンンピックタイムがあって、ライブTVや明け方放送の為の早寝などあるのだが、記述を略す。)

○翌10日、朝食は、出来の良い塩鮭の切り身と宍道湖のシジミ!のみそ汁。 この食材は例の料理店ご主人(以下、某主人)が用意してくれたもので、更に言えば今回某主人が用意した食材は、主なものだけでも、鱧と松茸の鍋(その出汁)、すっぽん鍋セット、伊賀牛、白子など「食の響宴」状態。→「鱧松茸とスッポン、それ選択でなく両方にしちゃおう」と言ったのは庵主であるが、世間様に憚る感じで、山岡士郎はなんと評するか...なのだった。

○午前は「作業」の為の買い物、新定番店の諏訪Jマート。枕木コールタールをカバーするマット、芝生散水スプリンクラー、植えた白樺散水用に新たに30mホース、BBQテーブル(&テラステーブルと椅子)補修用のペンキ(浸透性ステイン仕上げ)など。

○この昼飯はなんとKさん&Nさん合作の焼きソバ。渾身の料理との自薦もの。某主人食材を差し置いて、先ずその写真。
PICT0215.JPG

PICT0216.JPG
○ご機嫌の二人。青のりや生姜の他に、天かすも用意されて、シンプル食い物の旨さあり。


○この写真の顔、ここまで満足そうなのは仕事局面ではお目にかからない快事なり。


○このお話はここまで。





○夕方早くに、同僚の車送りでK料理主任、茅野駅にT参加員、夜にN作業主任とTお嬢の通称「熟年カップル」も到着。この夜は鱧松茸鍋であった。出汁を含めこの組み合わせの旨味恐るべし。鱧卵と白子つき。あとから来た「カップル」がいかなる歓待を受けたかは、書くも愚かというか、第1の味というか.....。ともあれ某主人の素材選びと下拵えに脱帽。
PICT0217.JPG
PICT0218.JPG

PICT0219.JPG

○酒は久保田万寿!と真澄純米、焼酎は村尾! 持ってけ泥棒。

○11日は、作業班に戻って庵主やりかけ&敢て残しの諸々を。前日に塗ったBBQテーブルペンキのチェック、NさんとKさんが「テラス落ち葉たまりの隙間の美化/下地乾燥目的」という地味で手間な作業。すっきりした隙間に防腐剤塗り込み。予備役班員指示で。
一方でお嬢とT参加員がガラス磨き。→これは当初は西側の大きなドア1枚だけの要請だったものが、作業意欲拡大し、各所ガラスのほかに網戸まで進みピカピカ。
○さらに進んで、ついに薪置き場の屋根の美化。庵主がちょっとやってみた作業の本格版。親方の他にYさん&Tさんの女軍まで屋根に乗って奮闘! 作業班魂が燃え上がる一幕。
PICT0220.JPG

○昼は伊賀牛のステーキ。小分け食いで食が進む。そのあとに来訪者うち揃って唐沢鉱泉。
帰ってのひとときを、静かに、おお、「読書タイム」となった。知的な?一面を披露。
PICT0222.JPG

○夜はスッポン鍋&稲庭うどん。日韓女子バレー3位決定戦の勝利。K料理主任は、やっていたスポーツなので人格変容す。ともあれめでたし。以下諸々諸々。

○12日、それぞれが自由農園で土産を求めてのち帰路についた。

○見出しのごとく「多彩/絢爛/愉快/思い出」の時間が流れた。Y賄い班員は、ある立場での参加は今回がラストとなる。感慨ありだ。

○一人になった山荘で 『宴のあと』と言う言葉がぴったりの気分につつまれて、いまこれを書いている。


8月16日午後:補記
東京からの「酷暑ぶりかえす」という便りをよそに
いま、山荘の周りに 『宝石のような日差し』 がきらめいている。






コメント(5)

Y賄い班員 : 2012年8月13日 12:40

4日間、大変お世話になりました。

庵主様はじめ皆様のおかげさまを持ちまして、大いに
リフレッシュさせていただきました。

クーラー不要の快適な環境。豪華な食材と新鮮な野菜をたっぷり
いただき、体の内外がきれいに掃除されたような爽快感があります。
蓼科から東京に向かう車内で、N親方もそれがおっしゃりたかったのか
「すっごい、○※△◎が出た」と、私が評するのもなんですが、
かなり尾籠な話を(しかも、しつこく)ご披露されてました。

思い出に残る夏となりました。

ありがとうございました。

N親方です
薪置き場の屋根、びっくりしました、
女性二人が怖がらずに登って作業されたこと。
少し怖かったので、端っこはお二人にお願いしてしましました。

体重が重くなっていることと、
筋肉が固くなっていること
これらがもたらすバランスの悪さを
体が無意識に感じ取ったのだと思います。

反省です。

予備役班員 : 2012年8月15日 02:00

初のたっぷり版でしたが、あっという間の4日間でした。
かつての作業班も、担当できる作業が補修作業のみとなったことに
12年の年月の流れを感じますが、食事班として、共通の時間を過ごせたことに
感謝しています。

庵主さまのおかげで、我が家に戻ったようなゆったり気分を味合う一方で、
新しい体験をいつも楽しませていただいています。
N親方との合作、焼きそばはご愛嬌。
新橋某大将に準備いただいたすっぽん鍋。T参加員は人生初のすっぽん体験とか。
自由農園の新鮮野菜など食材の珍しさもありますが、大家族を思わせる食事に
いつも食べ過ぎる結果になっています。

蓼科の楽しみの一つが、買い物巡り。
とは言え、リゾート地馴染みのアウトレット詣でではなく、
食材調達と作業道具の購入。今回は、Jマートが新たなメニューに加わり、
N親方、Y賄い班員共々興奮がMax状態に。
庵主さまの集合命令もどこ吹く風で、豊富な品揃えを前に作業の妄想に
果てない時間を費やしていました。

補修作業中心になったものの作業の原点は、デッキの補修。
ペンキの上塗りは、若手作業班に移管され、今や我らの手を離れて久しい。
多くの人の手に守られて来たデッキではありますが、残念ながら、
12年間の風雨による疲労状態は明らか。
2階テラスの補修を行ったプロからの助言は、「板の隙間の落ち葉の掃除」
当たり前のことのようで、なかなか手の回っていなかった地味な作業。
これって仕事局面でもままあること。

新たに植えられた白樺の成長を楽しみにしながら、一方で、多くの場面で
お世話になったデッキを末永く見守って行きたいとの思いを抱きながら
清涼たる蓼科を後にしました。


生嶋誠士郎 Author Profile Page: 2012年8月15日 15:33

なにはともあれ、蓼科山荘が、来訪者それぞれの『自分たち保存員』気分に支えられているのはありがたいことだ。
あのゴルフな人たちでさえ「俺たちは井戸を掘った!」という言い方。
家人もそれなり気に入りの場所になっているし。

さて庵主は、ロンドン五輪は元気にTV観戦したい....と思っていたわけだが、それも過ぎて、今回、芝生庭と白樺山荘への道を歩み始めたこともあり、次回五輪まで、この場所&出会いをいとおしく思い過ごすことにしようと....。

また、お会いしましょう。東京から2時間半の異次元空間で。
栗の大木と小川の音のゆらぎ.....がその象徴であろうか。

T参加員 : 2012年8月16日 15:07

普段やり慣れていないことが、いたるところで露呈されたものの
食事の後片付けに、窓掃除と、自宅ではやらないことばかり
よくもまぁできるものだと、我ながら感心しました。
決して嫌々やったわけでも、やらされたわけでもなく
やりたくなってしまうのはどうしてでしょう?

庵主様の部下になって約20年、できの悪い部下であることは
当時も今も変わっていませんので、今しばらく甘えさせてください。
今回いただいたお褒めの言葉を胸に、まだまだ修行を続けます。

最近のブログ記事

久しぶりの、3班
10月26日~28日にかけて、久しぶりの…
再びの安藤家&廣田さんと、名古屋組
さる10月5日~7日にかけて、再びの「安…
阿呆組、雨無念!
9月14日~16日にかけて、MR阿呆の会…