3.ゴルフな人たちの最近のブログ記事

阿呆組、雨無念!

9月14日~16日にかけて、MR阿呆の会の「全員声掛けゴルフ企画」が、久しぶりに予定されていた。
が、雨だった! その日だけ強い雨が・・・。(ほぼ日本中が秋雨前線の影響下にあった。)

当日参加組の 橋本佳往さんと山下崇文さんのお二人は、向かう途中で引き返しの仕儀となった。
残念、誰を恨むこともならず なり。
結局 前夜から来訪の3人はいつもの3人。
一ノ宮嘉道さん、井田雅春さん、清水行雄さん。
阿呆3人9月.jpg
ゴルフ中止のあとは15日、縄文考古館へ。今まで 「ゴルフ場と山荘の往復」 みたいな事だったので、来訪歴18年にして、ついに地元名所?見学。それなりに味わい深し。 "縄文"に触れると、皆、
ひとこと解説したくなり所も、縄文の力である。

○シェフ清水さんは、また少し腕を上げレパートリーを増やし・・・と進化。夜の色々料理の写真は取り損なったが、以下朝のパパっと料理。玉子サンド。添えられた野菜スープがとても美味だった。
しみずさん朝食.jpg

○夜、古い古いカセットテープ(一ノ宮さんとかが歌っている)聞いて合唱やら、井田さんのギター生歌やら、一部我が家族が合流するやら、夜は更ける。夜は更ける。

またの企画へ続く物語。



合同企画も楽し

7月13日~15日にかけて、五月組を自称している人たち?と、名古屋組の合同企画が実現した。
これは先に名古屋組の西川健一さんと辻博之さんが千歳船橋来訪してくれた辺りで思いついた企画。
かつては小生が先乗りで山荘に居たが、今はそれもかなわないので、五月組の安藤博さん、真規子さん夫妻に合同してもらい、僕を運んでもらう魂胆も・・・。加えて、廣田晃さんが参加。
蓼科5人201807.jpg1.jpg
この合同、単なる合同でなく、例えば西川さんと廣田さんはかつて職場仲間だったし、辻さんはマキコさんの新人時代の課長(しかも尊敬する課長!)だったしと、結果的になかなか心地よい組み合わせとなった。
料理は安藤夫妻の全面担当で、他の4人がゴルフした昼間も色々と準備。とても力作で、各位がそれを楽しんで味わった次第。
i57kumi.jpeg
○上記写真は、ほんの1例。
刺身は、中トロ、赤身、サーモン、ホタテ。しゃぶしゃぶで食べた肉は、松坂牛と鹿児島黒豚。
次の夜はだし巻き卵、ウナギ蒲焼、冷ソーメン(出汁つゆ、カレーつゆ)など、多彩な料理だった。
事前の買い出しや仕込みがしのばれる。

会話もとても軽やかに弾み、あっという間に楽しい別れ。合同企画は、一つの形となった。
それも 「かつて同じ空気の中で戦った思い出」 を内在」しているからだろう。 ・・・。




阿呆3人、恒例?来訪

6月8日から10日、阿呆の3人が、もはや恒例的な来訪。僕のゴルフのお付き合い。
小生と井田雅春さん、清水行雄さんは8日夕方、現地入りで前泊。色々多忙の?一ノ宮さんは、
9日のゴルフ当日来訪。
DCIM0121.jpg阿呆ゴルフ6月.jpg222.jpg

先ず小生は、何とか完走出来たのが喜ばしいことと。またゴルフ場のいろんな方から「お元気になりましたか」と声掛け頂いて、感謝、おなつかしや。
さてラウンドでは、一ノ宮さん依然研究熱心で、今は『鳩胸・でっちり、踵体重』とか。井田さんは、「もはやゴルフよりも俳句・川柳か」などと発言、一ノ宮さんに「ゴルフは生涯スポーツだよ」と励まされていました。清水さんは、みんなの中での初パーと3連続を素直に喜ぶも、ミスも連続する嘆きもあり。

夜は清水さん料理あれこれ、大分多彩になってきました。井田さん皿洗い。小生と一ノ宮さんは隠居待遇で楽をしました。
DCIM0122.jpg阿呆3人.jpg33333.jpg

夜も、いつものあれこれ会話。長い付き合いなので、とても安定した時間が流れて心地良い。
また秋に、この顔ぶれ、または他の阿呆も加わっての企画が待たれる。



MR阿呆とゴルフ!


6月28日~30日にかけて、MR阿呆の会のうちの、一ノ宮嘉道さん、井田雅春さん、清水行雄さんが来訪した。目的は、小生が無理言ってお願いしたゴルフ企画のため。
28日前泊、29日プレイでその夜は後泊という余裕の日程。

○当日は、たまたま好天で、小生は、ヨタヨタしながらもなんとか18ホール完走した。事前には半分でやめるかも・・・と思っていたので、完走は「望外」で「僥倖」でした。 (スコアは68、58で、ショットはバタバタ。 アプローチとパターに昔の名残りが・・・。)

○山荘では、朝夜の料理は、専ら清水さんが担当(洗い物は井田さん)、一ノ宮さんと小生は、老人安楽をさせて頂きました。車送迎も井田さんに世話かけました。

○このゴルフ企画を晩夏か秋の初めにでも「またやりたい」と思っている自分がいて、その企画の折は、またお三方に付き合っていただくようです。

蓼科阿呆17年06月.jpg
○赤いウエアは清水さん⇒還暦のお祝い品だそうです。


夜の会話も、いと愉快でした。 




記事は再び、MR阿呆の会と第一作業班の並び掲載。ただし今度は千歳船橋の話ではなく、ホントの
蓼科山荘。

先ず7月1日~3日にかけては、阿呆の会のうち、一ノ宮さん、井田さん、清水さんの3人。小生の「蓼科でゴルフしたい。しかし体調次第で、直前キャンセルもあり」という呼びかけに応えて頂いたもの。
前泊後泊のゆったり日程。小生は2日に、何とかゴルフらしきものやっとハーフをやった。例によって事前練習なし。さてコースは、やはり普段の平坦道散歩とは違って足にくる。(さらに手打ちの力みも足に負担が・・・。)だがそれでも、段々へばったというより、ラストの9番の最後のアイアンが一番良い当たりだったのが収穫なり。
お付き合いのお三方には御礼。
ゴルフは井田さんが好調で(前半だけなら清水さんも)、名手一ノ宮さんをやっつけて快哉。
それから、山荘での食事は、専ら、清水さんが担当してくれました。
○阿呆の会のブログ写真、今回も撮りそこないました。(山荘カレンダーに貼るポラロイドは撮りましたが。) それで、このあとに記事がくる第一作業班に比べ、文字だけ。ごめん。


************************************

7月15日からは第一作業班。
参加はいつものN親方、K予備役班員、N作業主任、Y賄い班員。K予備役班員がレクサスのSUVを用意して、快適な道中となった。
今回も、別名「第一食事班」の名前の通り食べ物も多彩だったが、それは別に久々に?作業班!
山荘全体が雑草跋扈のなか(造園の方も、予約満杯のこの夏)、草刈りにチャレンジ。
新たに長い柄の鎌等購入(電動系は無し)、ゴミロードと小川への道が、スッキリと綺麗になった!
ゴミ・前.jpg
ゴミ・あと.jpg

左はゴミロード作業前。右は後。






















小川・前.jpg
         
小川・あと.jpg
左は小川への道の
作業前、右は後。






















IMG_0078.JPG

○満足そうな顔です。
のちにやり取りされたメールでも、N作業主任「久しぶりに作業班らしい汗をかき、リフレッシュ・・・。」とあります。

さて食事は、やはり食事班、多彩。⇒賄い班員からのメモを貼り付けます。(当人も、入力しているだけで「お腹がいっぱいになりました」とか!)

**************************

梅園のあんみつ、千疋屋のメロン杏仁豆腐、スペシャルオレンジゼリー、和久傳の西湖、
ご馳走様でした。

蓼科滞在中の食事について、以下にご報告します。
入力しているだけで、お腹がいっぱいになりました(;^ω^)

15(金)
 夕:長束さんの高砂チャーシュー、生嶋さんの千疋屋メロン杏仁豆腐
 晩:今半の黒毛和牛肉3種のすき焼き、〆は白飯の上に煮詰めたすき焼きをのせて牛丼仕立て
  神茂の季節のつまみ揚げ6種、冷やしトマト
  柏木さんご持参のワイン3本(KENZOの紫murasaki,シャトー・ラトゥール,サントリー登美)

16(土)
 朝1:レタスと焼豚のチャーハン、はんぺんの浮き実スープ
 朝2:八ヶ岳パン、最高級鎌倉ハムの厚切り、レタス、トマト、ポテトサラダ、マカロニサラダ
   コーンスープ、ブルーベリーとヨーグルト、りんごと人参ジュース

 昼:中島さんお取り寄せの本村製麺 ⇒「縁」を2箱(6食分)、たくさん薬味、釜揚げしらすと大根おろし
   

 夕:梅園のあんみつ
 晩:炭火焼(特大しいたけ、アスパラ、厚揚げ、鶏もも肉、はんぺん、なす)、神茂の蒲鉾、ワサビ漬け
  牛肉と玉ねぎの甘辛煮、長芋二度すりおろし、キャベツアンチョビ、キムチ高菜、すぐき
 深夜:神茂の小半月はんぺん2種(えび、小柱)、玉子サンド、
 お酒:ビール、真澄ぬる燗、伊佐美

17(日)
 朝:トースト、厚切りハム、レタス、トマト、鮭缶とキャベツのスープ、スペシャルオレンジゼリー

以上です。

○上は、15日夜の好き焼き。
肉が2種類あって、これにまつわる愉快な(恐ろししい)話もあるのですが、省きます。

さてあとのメールで予備役班員は,
庵主のまあまあの元気に触れつつ、「次の企画を楽しみにしています」と。N親方は「すっかりリラックスしました。改めて気心の知れたメンバーは良いな。秋もよろしく」
と。
Y賄い班員は、食べ物の話題をメインに豊富な反応あれこれ、感謝。

たくさん書きたいけれど、際限がない。
「定番の味わい」になっている。
また秋に・・・。

阿呆組来訪 & 1班花見

3月23日に、MR阿呆の会の面々が千歳船橋に来てくれて、喫茶店企画。幹事の井田さんほか、一ノ宮さん森川さん山下さん清水さん野々村さん。堀口珈琲の喫茶室で2時間ばかり。身体の話題が多いのはやむなしだが、楽しく談笑。ほかのお客さんもいるので、例えば山下さんも少しお上品!
小生が持ち出したのだが、なんと「7月にでも蓼科でゴルフしましょう」話になった。
小生は、これから自宅素振りだが、実際に"ゴルフになる"かは不明なり。
それでも楽しみにしている自分がいる。 これも幹事は井田さん。

○野々村さんが、もうすぐ本格的に「島根帰郷」だが、その新居は、薪ストーブを設置したい由。それも蓼科山荘と同じダッジウエスト製品を検討とか。その検討のあれこれを楽しむとのメールあり。

***************************

4月2日には、第一作業班の花見が敢行された。場所は小生提案の馬事公苑。
DSC_0011.JPG馬事公苑.JPG

DSC_0010.JPG花見弁当.JPG

○上の花見弁当の写真には、名店5店の弁当が並んでいる。その一つは京都でしか買えない物も!
○弁当の下のシートは、K予備役班員調達の保温シート。
さてこの花見は、事前の日程決め、弁当手配、京都出張のN作業主任との時間調整などを例によってY賄い班員が行ったのであるが、当日の千歳船橋駅集合から花見、小生宅での2次会まで、とてもたくさんの話題があった。14時から23時過ぎまでの饗宴。
IMG_1737.JPG再び.JPG
あれこれ書ききれないので、その項目だけを記す。関係者だけが分かる備忘録みたいな感じ。

・駅集合時点で、馬事公苑行きは遠慮の意見もあった由、(花曇りだったので・・・。)
・ポットのお湯、足し水間違え騒ぎ。

・出かけた途中の千歳通りのソメイヨシノが綺麗だ
ったので、又も、「これで十分だ」つぶやき。

・だが結局、馬事公苑に満足して座りこんだ。N親方が、お尻シート取り出す。小生とYさん利用。


・その後小生宅へ。「酒のつまみにカラスミが用意してある」という話だったが、どっこいそれだけではなかった。
・まずお茶席あり。今や「修行済み」のNさんが主客になったが、些細な粗相もあり、話題提供の一席。
・以下料理延々。会話延々。
・井上有一の「まないたの・・・」掛け軸の話。
・東大と京大医学部の頭脳王の録画TV鑑賞での話題。
・長女夫妻の参加も。

○次は中華企画か、初夏蓼科かの話もやっと登場したが、ともかく繰り返すと
料理延々、会話延々であった。
○話題が盛り上がると、いつも登場するのが「第一作業班、成り立ちの最初の話」(スチール本棚の組み立て話)・・・これは何十回も繰り返されているのだが、いつも飽きないのがおかしい。


○酒を飲まないで、あんな長い時間酒席に付き合ったのは、小生の記録なり。




名古屋組、そして家族

8月8日蓼科入り。今年は「あれこれ企画」をしていないので、蓼科入りが遅くなった。
8日は家人が、車で送ってくれた。(家人2人は、その日トンボ返り。)

9日朝に名古屋組2人が来訪。今年はNさんが坐骨神経痛とかで不参加。西川さん辻さんの「名古屋でも有名なコンビ」は健在である。 西川さんの、虫対策薬品あれこれも、例年通りなり。
名古屋組.JPG
○お二人が考えたのは、ホットプレート料理です。

2日間ゴルフのお二人に、小生は、それぞれハーフだけお付き合い。痛風発症の小生は、ハーフでもやっとやっと。2日目の10日午後は、ストーブの掃除とメンテナンスがあった。

◎名古屋組のあと12日夜かた16日にかけて家族。本来は「流星群」がメインだったが、あいにくの空模様。代わりに、ペンキ塗り、テニス、ゴルフ打ちっ放し、観光、夜の花火(特製線香花火に感動)、
諏訪湖花火大会などなど多彩な夏・・・。

短い「蓼科の夏」だったが、改めてこの立地とソーラーハウスの組み合わせの素晴らしさを確認した。

虫蟻対策班!

8月3日~4日にかけて、名古屋組3人(西川さん、辻さん、中尾さん)が来訪した。事前メールのやり取りのタイトルは 「蓼科合宿2014:虫蟻対策班」 というもの。→なんのことはない、徹底的な虫嫌いの西川さんが、ご自身の精神安定のために『虫蟻予防の結界を張る』ものである。最新の虫蟻対策の商品のオンパレードみたいな趣きなり。
名古屋.jpg

○事前には、恒例の味噌煮込みうどんも到着。さらに当日、切れた蛍光灯を買ってきてもらった。前回も、滞在中の小生の不足品のデリバリー担当のごとき役割で、なんとトランクス3枚というお願いをした記憶。

○ゴルフ2日間。小生は半分くらい付き合い。3日の夜は、料理担当の中尾さんの"新作"料理が好評だった。このチームは、先ず西川ー辻という「24時間一緒みたいなコンビ」の掛け合い漫才の味が面白いわけだが、そこに中尾スパイスが加わると、また別の「名古屋味」になる。いとおかし。

○帰ったあとのお礼メールで、「春に昼食会をしたときより、元気そうで嬉しかったです」趣旨の文言が、揃って登場していたのを読んで、当方も嬉しくなる。当人にはその辺、はっきりとした自覚がないから・・・。

○さて、次のお誘いありの 「名古屋訪問企画」 は、当方体力もさることながら、ゴルフ力もつけねばならないので、まだ、道は、ちょっと遠いが、何とか実現したいものだ。

○さておき、 「ほっこり名古屋組」 は、夏の蓼科の定番になっている。



阿呆ゴルフは雨で・・・。

7月4日、阿呆組が久しぶりのゴルフ企画で来訪。2か月前からあれこれ調整しての実現である。
一ノ宮、井田、清水、野々村の各位が前泊。それぞれの身辺の変化などの話があれこれ飛んだ夜。
相変わらずの阿呆調だが、少し落ち着き?も見えたのは歳月のなせるわざだろう。
阿呆7月.jpg

○上の写真は、5日のゴルフ当日かけつけた山下さんを入れての1枚。そのやまちゃんは、「ゴルフは雨で中止だよ」の連絡を受けても、顔見世に駆けつけてくれたもの。

少しだけ、ゆるゆるとした会話の時間を過ごして、5日の昼前には山荘をあとにした。
庭には、ちょうど、梅雨空に似合いにヤマボウシ。 (パラソルの奥の白い花です。)
やまぼうし7月.jpg

広研&名古屋組&阿呆の会

○今回山荘到着した時、小澤建築工房に依頼しておいた板壁の塗り直し&2Fテラス補修工事が始まっていて、建物周囲に足場が組まれており
小澤さんにしては意外な早さにビックリ、かつ嬉しい思い。
PICT0207.JPG


○夏蓼科の第一陣は、W大広研の面々。7/25日前泊で、26日&27日ゴルフという恒例パターン。今年は竹本さんが復活参加となり、第一日目に優勝したのは、前評判どおり? 2日目は久しぶり好スコアの船越さんで、上機嫌だったのはめでたい限り。高野さんは"火事疲れ"でいまいち。寺尾さん、巧者としてそれなりに。吉田さんは淡々、降旗さんはその対極ではしゃぎゴルフ。小生は「5月阿呆蓼科の飛び」が消滅してがっくり.....といったところ。

夜の会話は、それぞれいかにも「一家言爺さん」の趣きで、かまびすし。このタイプが30人くらい集まった老人ホームだと、これは、大変なことになるぞ、と余計な想像をした次第。
PICT0205.JPG

さておき帰京後の何人かから『御礼。楽しかった。また来年。』というメールが届いており
この会は来年も夏企画のトップを彩る?!ことになろうか。


○第2陣は名古屋組。先ず辻さんから「味噌煮込み」(小生の一人の夜の夜食用)が届き、次は来た早々の西川さんの「万全の虫対策」で各種虫除けのオンパレードとなり、夜のメインは中尾さんの「スパゲッテイ」.....これは既視感そのものである。
加えれば西川対辻の真剣ゴルフ合戦もそうだし、2人がとての綺麗好きで庵主として好ましいという点も、多分、昨年ブロブと同じ、そのなかでの中尾さんの味も、いとおかし....。
PICT0209.JPG
☆和久伝んの「彩りオードブル」を取り寄せてみた。
PICT0208.JPG

また同じテイストで来年も。その前に、今度はこっちが名古屋へ出向く企画へ。


○第3陣は、MR阿呆の会。8月4日は井田、清水、榊、野々村&小生の5人で2組のゴルフ。最小パット争いでは井田さんと清水さんが勝ちを収めた。夜は榊さんが大車輪で各種料理。休みが無い、明日の日曜も出勤とかで、早々と寝込んでいたのは悲惨? 夕方に一ノ宮さんが合流。
PICT0210.JPG

夜の会話は、完全に阿呆風味で、楽しいというか阿呆らしいというか........。
翌5日は、一ノ宮、清水、小生でプレイ。一ノ宮さん「本年ベスト」で意気軒昂。清水さんは例の馬鹿あたり2〜3発、それだけで良いのかゴルフ。小生はまたも見るべき所、なし。これは"言語ゴルフ"の弊害なり。

○これを書いている今、6日の午前、久しぶりに昼間の雨。
新しい植栽には待望の慈雨である。そして一人山荘には、その雨音が風情だ。

最近のブログ記事

阿呆ゴルフ組
6月2日あさ、MR阿呆の会の清水行雄さん…
広研の5月
いつもは7月末が定番のW大広研のメンバー…
第三班ゴルフ企画&またまたヤマネ・・・。
10月14日~16日にかけては、第三作業…